正式に賃貸の契約を結ぶ前に必ずチェックしたい重要事項

抵当権が設定されているかどうかは確認したい

賃貸契約を結ぶ際には、宅地建物取引士から重要事項説明を受けた上で納得してから署名捺印を行います。難しい話をされることが多いですが、少なくとも賃貸物件に抵当権がどのくらい設定されているかを確認しておく必要があるでしょう。なぜなら、大家がアパート経営に失敗して土地建物が競売に掛けられた場合、新しいオーナーから6ヶ月以内の退去を求められることがあるからです。
礼金設定がある賃貸物件を選んでいれば、金融機関からの借入が無いことが分かるので安心ですが、礼金設定が無い場合には登記簿謄本を確認して抵当権の設定状況を確認する必要があります。途中で低利融資へ借り換えているなどの場合もあるので、読み方が分からなければ宅地建物取引士に詳細な説明を求めると良いです。

修繕費の区分を明確にしておきたい

重要事項説明の中には、壁紙や畳、設備に関する修繕費についての責任区分が明記されています。居住開始からの年数に応じて、貸主と借主の負担割合を明確にすることで、退去時にトラブルとならないように規定しておけば安心でしょう。細かい説明となるので、実際には書いてある内容を分かりやすく説明してもらわなければ理解が難しいケースもあります。
宅地建物取引士は、借主に丁寧に説明して納得した上で署名捺印することが求められていると知っており、形式的に進めようとする場合には契約を留保する選択肢も必要です。重要事項説明を行い納得した上で契約することが義務付けられているので、宅地建物取引士が説明内容を分かりやすく説明出来ないのであれば、別の宅地建物取引士に契約を任せなければなりません。